日本いのちの電話連盟

 いのちの電話は、精神的危機にある人たちを、電話などを使用した対話により援助する活動です。1971年、東京に「いのちの電話」がはじめて開設され、1977年に当時存在した5つのセンターが全国団体である「日本いのちの電話連盟」を設立しました(2017年現在は、49センターが連盟に加盟しています)。

 全国各地のセンターでは独自の活動を展開していますが、たとえば、埼玉いのちの電話連盟では、チャリティ映画会の実施や広報誌の発行を行っています。また、東京には、英語に対応したセンターが、横浜にはスペイン語とポルトガル語に対応するセンターもあります。

 

主な事業

・連盟所属の各センターにおいて、それぞれ電話相談を中心とした相談活動を行っている。

 

・いのちの電話連盟としては、毎月10日午前8時から翌11日午前8時まで実施されるフリーダイヤル相談「自殺予防いのちの電話」などの電話相談事業、インターネット相談事業、自死遺族支援事業を行っている。

他に各センターあるいは連盟で、一般市民向けの講演会などで自殺予防等に関する広報啓蒙活動を行っている。

 

団体構成

 2017年現在、全国で、約6300人の相談員が、49のセンターに所属して相談活動に従事している。各センターはそれぞれ社会福祉法人あるいはNPO法人として独立して運営されている。

団体概要

 いのちの電話は、自殺をはじめとする精神的危機にある人たちを、電話などを使用した対話により援助する活動である。日本においては、1971年、東京に「いのちの電話」がはじめて開設され、1977年、当時存在した5つのセンターが全国団体である「日本いのちの電話連盟」を設立した。その後、活動は日本全国に広がり、2017年現在、全国49のセンターが連盟に所属して活動している。

実践事例URL

 連盟のWEBページ(https://www.inochinodenwa.org/lifeline.php)において、連盟所属の全国センターの連絡先(WEBページへのリンクも掲載)を紹介しており、具体的な活動の実践事例については、それぞれのセンターのWEBページを参照されたい。

基本情報

団体名 : 一般社団法人 日本いのちの電話連盟

住 所 : 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-2-32-301

電 話 : 03-3263-6165

FAX : 03-3511-7508

団体ページ