日本YWCA

団体概要

YWCA(ワイ・ダブリュ・シー・エー/Young Women's Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。

 1855年英国で始まり、今では日本を含む120あまりの国で、約2,500万人の女性たちが活動しています。日本では、24の地域YWCAと37の中学・高等学校YWCAが活動しています。

PRポイント

○ 女性と子どもの視点を大切に活動を行っています。

  特に力を入れていることは、「平和をつくりだす若い女性のリーダー

  シップ養成」です。日本YWCAでは、そのためのプログラム、また

  海外への派遣等を積極的に行っています。

 

○ 世界とつながるネットワークがあります!海外との交流プログラムや

  会議に参加できる機会も多くあります。

 

○ 全国につながるネットワークがあります!全国24の地域YWCAと

  37の中学・高校YWCAでは、地域のニーズに応じた様々な活動が

  展開されています。

 

○ YWCA特徴のひとつは、ボランティアが活動の企画・運営に主体的

  に関わり、責任を持って活動を推進していることです。是非、お近く

  の地域YWCAを訪ねてみてください。誰でも気軽に参加できるプロ

  グラムや素敵なカフェがあるYWCAも。

活動実践例

日本YWCAはこんな活動をしています

 

ひろしまを考える旅

 1971年から続く平和学習プログラム。日本全国からの中・高・大学生

 を中心に、留学生や中国と韓国からのゲストを迎え、多世代・多文化な

 参加者が、被爆地ひろしまで、日本の被害と加害の両側面を学びます。

ひろしまを考える旅 フィールドワーク
ひろしまを考える旅 フィールドワーク

南京を考える旅

 中国・南京で、日本と中国のユースが出会い、見て、聞いて、歩き、語

 り共に歴史を学び合います。

日韓ユースカンファレンス

 日本と韓国の30歳以下のユースが両国に共通する課題をテーマに取り上

 げ、フィールドワークや基調講演、対話を通して、解決策を見出し、信

 頼と学びを深めます。

日韓ユースギャザリングアクションプランつくり
日韓ユースギャザリングアクションプランつくり

CSWなど国際プログラムへの派遣

 世界120ヵ国以上にあるYWCAのグローバルなつながりを活かし、地域

 YWCAで経験を積んだ女性を世界各地に派遣しています。

東日本大震災被災者支援活動

 YWCAは、あの日生まれた子どもたちが20歳になるまでは、必要とさ

 れる支援を続けていきます。

 

「カーロふくしま」…福島駅からすぐのところに一軒家を借り、福島に住

          む女性や子どもたちの交流と、自立的な活動を応援

          する場として、さまざまなプログラムを実施してい

          ます。 

「セカンドハウス」…放射線量の高い地域にお住いの方々が、ほっと一息

          つける住居を提供します。

「リフレッシュプログラム」…参加者が、心身ともにリフレッシュするこ

              とを目的にしています。

              キャンプなどの楽しいプログラムです。

他にもいろいろな活動があります。各地域YWCAの活動実践については、HPをご覧ください。

基本情報

団体名:公益財団法人 日本YWCA 

住 所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 

                 東京YWCA会館302号室 

電 話:03-3292-6121 

メール:office-japan@ywca.or.jp

公益財団法人 日本YWCA について詳しくはこちら!