2015年6月(筆担当:脊戸明子)

「バラの花に導かれ・・・」

広報PTは会議終了後、「振り返り」の機会をもち反省と親睦の時間を大事にしています。5月14日には「広がれ」幹事会後、見事に咲いたバラの花に魅かれ、とあるイタリアレストランへと吸い込まれていきました。LINEを学びながら相互交信、初めて試みた1名は息子さんから「お父さんからLINEがきてびっくり」と返事。親と子もつなげる広報PTです。

 

バラで思い出すのはこんなこと。ある夜遅くまで仕事をしていると、個室の電気が消えて最後に残ったのが私の部屋、外国人スタッフが帰りしなに「Don’t forget the smell of roses.」と言って背中越しに手をあげました。うーん、そうだバラの香りを忘れてはダメだ。ぐぐっときましたぜ!