「東日本大震災10年フォーラム」を開催します

(2021年3月14日(日)13時30分~16時・オンライン開催/本ページ下の申込フォームからお申込みください)

開催要綱はこちらです
開催要綱(0224更新).pdf
PDFファイル 231.0 KB

1.テーマ

 東日本大震災から、つながり、ひろがるボランティア活動

 

 2.趣旨

 東日本大震災から10年を迎えるなか、被災地を長期間にわたり支援するさまざまなボランティア・市民活動の実践が進められ、被災地のコミュニティを復興する力となってきました。支援で培われた多くのつながりやネットワークは、被災地での継続的な活動とあわせて、被災地を越えて各地の困りごとや困難を解決する活動につながっています。

 東日本大震災のボランティア・市民活動は、被災地の人々をどのようにつなぎエンパワメントしてきたのでしょうか。また、活動を通じて被災地の人々がどのように受援者から支援者へと変化し、被災地内外にネットワークが広がり、各地の活動につながっていったのでしょうか。

 「広がれボランティアの輪」連絡会議では、ボランティア・市民活動推進団体がこれらの実践を共有することで、日本にボランティア活動を文化として根づかせ、持続可能な社会を実現することを目的に、「東日本大震災10年フォーラム」を開催します。

  

3.日時・開催方法

2021年3月14日(日)13時30分~16時

オンライン(Youtube Live(ユーチューブライブ))により開催

 

4.参加対象

ボランティア・市民活動を推進する人々(NPO、中間支援組織、協同組合、教育・青少年団体、ボランティア受入施設・団体、企業・労働組合、社協担当者 等)

 

5.参加費

無料

 

6.プログラム

(1)開会挨拶

  上野谷加代子(「広がれボランティアの輪」連絡会議 会長)

 

(2)フォーラム

   4部構成で、進行役からゲストスピーカーに話を求めながら、進行役

  とゲストスピーカー、コメンテーターとのディスカッションにより論

  点を深めます。

 

  <ゲストスピーカー>

   ○被災地で支援に関わった皆さん

   ・鈴木清美さん(宮城県 南三陸町おもちゃ図書館「いそひよ」代表

           /南三陸町障害者自立支援協議会会長)

   ・篠原洋貴さん(福島県 いわき市社会福祉協議会 事務局長)

   

   ○被災地の外から被災地への支援に関わった皆さん

   ・竹田純子さん(京都府・滋賀県 龍谷大学ボランティア・NPO

           活動センター ボランティアコーディネーター

   吹田博史さん(武田薬品工業株式会社 グローバルコーポレー

           トアフェアーズ グローバルCSR & パートナー

                                 シップ ストラテジー ジャパンCSR ヘッド

 

  <コメンテーター>

   ・山崎美貴子さん(「広がれボランティアの輪」連絡会議顧問/

    東京ボランティア・市民活動センター所長)

 

  <進行役>

   ・田尻佳史さん(日本NPOセンター 常務理事)

   ・永井美佳さん(大阪ボランティア協会 事務局長)

 

  <論点>

   (1)被災地がどのようにボランティアを受け入れていったのか

   (2)被災地外部の支援は被災地にどのようにつながってきたのか

   (3)被災地と被災地外の支援がどのようにスクラムを組み、

     この10年で被災地をよりよくしてきたのか

   (4)新たな活動への展開とこれからのボランティア・市民活動

 

(3)閉会あいさつ

  原田正樹(「広がれボランティアの輪」連絡会議 副会長)

お申込みフォーム(※申込締切3月10日)

お申込み後、2021年3月11日までに記載いただいたメールアドレス宛にYoutube Liveのアドレスをご案内します。

3月11日までに事務局からの連絡がない場合は、メールがお届けできていない可能性がありますので、お手数ですが電話・FAXにて事務局までお問い合わせくださるようお願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です